リプルとアクアタンクで切り開く「養殖新時代」

042-392-5525

営業時間:9:00~18:00

phonelink_ring

 
HOME > 会社概要

会社概要

代表挨拶

環境の問題、エコの問題、いま世界で大きなテーマとなっています。魚類の養殖業界も同じことが言われています。さらに世界的に水の問題がクローズアップされています。

今迄の養殖技術は、魚類から必然と排出される糞や残餌は沈殿して、水底の貧酸素の環境の中で、嫌気性環境に浸されヘドロとなり、ますます養殖水の環境を汚染していきます。この嫌気性環境が数年続くと、好気性環境への回復力もなくなり、病気やウィルスに対する抵抗力の無い弱いエビや魚に育成されます。同時に環境の回復出来なくなった、養殖池はそのまま放置され、浄化力の優れたマングローブ林を次々に伐採し、自然環境はますます破壊されていきます。

株式会社アクアテックジャパン代表取締 田中英男

私はリプルの販売を通して、数年前からこの様に環境を犠牲にして、人間の都合だけを優先して生きる姿を目の当たりにしてきました。そして魚類の養殖では必ず発生する排泄物を魚類に対して「害とするのか、資源とするのか」と真剣に考えた結果、リプルの得意とする水源の対流で、排出物を資源として植物プランクトンになり動物プランクトンに進化して、魚類の餌となる資源ということに気が付きました。

そして養殖業の方が生産性を上げ安定経営をするためには、リプル+安心安全な夜間の溶存酸素が必要と云うことにも気付かされました。そこで水車には出来ない対流を起こし、魚類にストレスを与えない新時代の養殖機器「ウォーターサーキュレーター」を50年以上の活魚業界の経験と関連会社(ユニホース)の技術協力により、開発することに成功いたしました。

限定された養殖池では、魚たちは自ら好環境を選ぶことは出来ません、養殖業の経営者の判断で与えられた環境で活かされていくより仕方ありません。

健康に効率よく生産するには、魚類の棲み易い環境にしてあげなければ、生産率の向上、成長速度の向上、生産量の向上、健康により抵抗力の向上、味の向上等は期待できません。新時代における、近代養殖の発展には多方面で貢献できることを確信しています。ご期待ください。

株式会社アクアテックジャパン代表取締役
田中 英男

In culturing, flsh are unable to naturally migrate; they must survive and thrive in the conditions whict their ponds provide them. To improve survival and growth rates, resistance, and ultimately savor, an appropriate environment is indispensable.

With conventional culturing technology, fish and shellfish waste, as well as unconsumed feed, remain at the bottom of the pond. There they can transform into sludge, leading to a more contaminated culturing environment. Furthermore, if the conditions dont's change, the recuperative power of the pond can diminish, creating higher mortality and weaker stock with lowered resistance to disease or infection.

After serious consideration over whether to regard these manufacturing byproducts as resource or pollution, we have concluded the formaer. We have discovered that waste products can, through a precise trasformative prosess, be used to manufacture fish feed, (from waste to phytoplankton to zooplankton to resource) by utilizing water bottom water convection, Ripple's strongest point.

We have also discovered that a safe and secure dissolved oxygen supply during the night is essential in order to raise productivity and create suitable conditions for sustainable management. With more than 50 years of lndustry age: a water circulator which creates the level of convection that conventional water wheels cannot achieve.

We have seen many cases through our sales of RIPPLE over the years where individuals or groups have thought only of their own convenience or benefit at the expense of the natural environment. Ponds which have lost their regenerative power are abandoned; mangrove forests, which have excellent water cleaniing capacity, are lumbered one after another. Perhaps with more careful thought and planning, a more environmentally friendly and less self-centered attitude, and judicious use of technology, the decline of the environment or lndustry need not be inevitable. We believe that we can be a contributiong part of this new paradigm.

Aquatech Japan,Inc. President
Hideo Tanaka

会社概要

社名 株式会社アクアテックジャパン(AQUATECH JAPAN CO.,LTD)
設立 平成12年9月
代表取締役 田中 英男
本社 〒189-0002 東京都東村山市青葉町1-10-15
TEL 042-392-5525(代)
FAX 042-392-5801
資本金 1000万円
主な取引先

※順不同

電源開発株式会社
昭和電工株式会社
富士重工株式会社
朝日工業株式会社
株式会社国際技術開発
森田電機産業株式会社
オリエンタルモーター株式会社
タカラ工業株式会社
小泉機器工業株式会社
パシフィックゴルフマネージメント株式会社
株式会社アコーディア・ゴルフ
オリックス・ゴルフ・マネージメント株式会社
コスモ・イーシー株式会社
株式会社ユニマットホールディング
株式会社山田クラブ21
株式会社伊藤園
株式会社ユーグレナ
近畿大学水産学部
四国大学
北里大学海洋生命科学部
独立行政法人 国際農林水産業研究センター
甲州市役所
美波町役場

事業内容 水底活性機「リプル」製造・販売
循環濾過式陸上養殖・魚介類蓄養システム設計・施工
業務用エアーレーション装置設計・施工
業務用養殖機器の販売
活魚生簣 設計施工・養殖池 設計
養殖コンサルタント・稚魚販売
関連会社 株式会社ふいっしゅいんてりあ
株式会社ユニホース

アクセスマップ

地図

取引先

  • IMTエンジニアリング株式会社
  • (地独)北海道立総合研究機構
  • ジャパンカスタム株式会社
  • ティービーアール株式会社
  • ルーセントC株式会社
  • レッキス工業株式会社
  • 株式会社イワキ
  • 株式会社カイスイマレン
  • 株式会社科学飼料研究所
  • 株式会社大仙
  • 株式会社シムコ
  • 株式会社美深振興公社
  • 北電総合設計株式会社
  • 山田水産株式会社
  • 日本ヒューム株式会社
  • 株式会社国際水産技術開発

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせは、お電話、もしくはメールフォームからお寄せください。

TEL 042-392-5525

営業時間:9:00~18:00

Copyright AQUATECH JAPAN Inc.